過失割合が示談交渉で重要なポイントに!

過失割合が示談交渉で重要なポイントに!
交通事故を起こした場合、自損事故でない限り相手との過失割合が賠償金などの交渉で重要なポイントになってきます。過失割合については、スピードの出しすぎや一時停止違反などの違反行為の有無、歩行者なのか自動車なのかなどの条件によって大きく変わってきます。

保険会社同士で話し合うケースが多い

多くの場合、過失割合は双方の保険会社の話し合いによって決まります。過去の交通事故裁判の判決などを参考にしながら保険会社同士で話し合いを行い決定することが多いようです。交通事故においては、いくら相手が多くの違反をしていたからと言って自分の過失がゼロになるということはあまりありません。そのため被害者側としては納得がいかない場合もありますが、保険会社においてしっかりと話し合いをして算出した過失割合ですので冷静に受け止めることが大切です。

どれでもやはり納得できないという場合は、相談できる窓口を探して相談するとよいです。このような窓口は弁護士事務所で開設されていることが多いです。交通事故弁護士と呼ばれる方々は多くの裁判事例に精通しており、より詳しい調査を行うことも可能です。裁判で証拠となるものを見つけ出したり、相手との交渉をおこなったりといろいろな力になってくれます。

また、自動車保険の特約などにはこのような弁護士費用を保証してくれるものもありますので、事前に加入しておくといざという時に安心です。しっかりとした保証のある自動車保険に加入し、安全運転を心がけることが一番大切です。
弁護士に交通事故の慰謝料請求などをする場合において、被害状況について詳しく説明をしていくことがあります。その際に過失割合という言葉が関係してきますが、この結果によって相手に請求出来る慰謝料が大きく変化します。通常交通事故を起こした場合においては、必ず被害者と加害者がいる設定になっています。そこで加害者だけでなく被害者についても、どれくらい落ち度があったかを調べる必要があります。

過失割合と慰謝料の減額

ここで落ち度があると認められた場合には、通常請求出来る慰謝料も減額されることがあります。過失割合とは交通事故を起こした被害者と加害者の落ち度を計算するものであり、その結果によって示談金や慰謝料額が大きく変化します。調べ方については警察で発行された書類が必要となっていますが、一般の方がこれを入手は出来ないことが多いです。

そのため弁護士の方が代理として受け取ることが多く、その結果を客観的に判断をしていきます。ですが最初に被害者と加害者の話し合いから調書されることが多く、その後書類請求をすることが多くなっています。一般的に交通事故による被害となると加害者が悪いと認識されがちですが、それを正確に判断するために過失割合という調べを行います。

これによって被害状況時の様子を客観的に把握出来るようになるため、どちらに非があったかを調べることが出来ます。例えば被害者が赤信号なのに横断歩道などを歩行した場合には、加害者に対する責任も低くなります。その場合においては慰謝料請求をしても減額または出来ないことがあるので、そういった事実を確認するために過失割合が必ず行われます。