弁護士報酬の相場は?

弁護士報酬の相場は?
日常生活を送るうえで誰しもが経験する可能性があるトラブルと言えば、交通事故です。いくら自分が交通ルールを守っていても、事故に遭遇する可能性はあります。事故に合った場合、解決すべき様々な問題が発生します。怪我人がいる場合は治療費の問題、車が故障していれば修理費の問題等、お金に関する事を解決しなければなりません。

このような問題を事故の当事者同士だけで話をすると、すんなりと解決出来ずに、新たなトラブルを生む可能性もあります。このような問題が発生した場合、当事者同士で話を進めるよりも、弁護士に依頼をし交通事故に関するお金の問題の処理を進めてもらったほうが良いです。事故を起こしてしまった場合、自動車保険からお金が払われることが多いですが、保険会社はなるべく払う金額を少なくしたい為、被害者に対する治療費や慰謝料を、少ない金額で提示することが多いです。

事故処理に関する契約を結ぶ前の注意点

そんな時も弁護士を介して保険会社と交渉してもらうことで、提示金額を多くしてもらうことが可能になります。弁護士に依頼する場合に少し心配なのが、費用の問題になります。問題を解決する代わりに、高額な報奨金を払わなければならないのではないかという心配が発生します。そのような心配をしないためには、正式に事故処理に関する契約を結ぶ前に、報奨金や費用に付いての説明をよく聞いておく必要があります。説明を聞き自分が納得いくシステム、金額ならば正式に契約を結ぶと良いです。それらの説明をよく聞かずに契約をしてしまうと新たなトラブルを生む可能性がある為、注意が必要です。

交通事故のさまざまな手続き

交通事故にあったときには、さまざまな手続きを行う必要があります。しかしここには専門知識が必要になるので、弁護士に依頼をするという形が多くなっています。そこで気になるのがその費用です。事故の相手方や警察や修理工場や病院や保険会社などさまざまなところとやりとりをする必要があります。とくに保険会社からは毎日と言っていいほど電話がかかってくるようになり、それが苦痛に感じることもあります。しっかりと保証をしてもらえるのかと心配になることもあります。このような状況の中で誰かが代わりに対応をしてくれるということになると非常に心強いです。

法律事務所の報酬基準

このときに頼りになるのが弁護士になります。交通事故の際に弁護士に依頼をするときの費用は決まっておらず、各法律事務所がそれぞれ報酬基準を決めるようになっています。したがって依頼をするところによって金額が異なってきます。実際に必要になるお金は相談料と着手金と成功報酬と日当になります。このほかには実費や消費税も必要になるということを頭に入れておきます。最近ではインターネット上で報酬を公開していると言うところも珍しくありません。その中で多くなっているのが、着手金が無料で、報酬金が経済的利益の10%に20万円をプラスしたというような金額となっています。

このような基準を設けている事務所の場合には、依頼をした最初の段階で着手金は必要ないという形になっています。報酬金に関しても直接お金を支払うというような形ではなく、弁護士の銀行口座に振り込まれるというような形になっているので、依頼をしやすい報酬体系となっています。

関連トピックス

交通事故の弁護士費用 – 交通事故の法律相談