任意保険に加入するメリット

任意保険に加入するメリット
交通事故に遭遇した際、任意保険に加入していれば、保険会社が相手との示談を代行してくれます。ですから、任意保険に加入している限り、交通事故の当事者であっても示談は体験せずに済みます。示談は、言い方は悪いですが煩わしい作業となりますので、示談を代行してくれることは任意保険に加入しているメリットです。

但し、得られる賠償金に関しては、保険会社の示談代行が最善というわけではないのです。保険会社の示談代行は、誇張した表現ではありますが、損をすることになります。なぜ、損することになるのかというと、交通事故の賠償基準が3つ存在しているからです。

弁護士基準で賠償金を得るには

3つとは、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。賠償金の額は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の順に高くなります。任意保険基準というくらいですから、保険会社は任意保険基準で賠償金を算出します。ですから、保険会社に示談を代行してもらうと、本来ならば、もっと得られるべき賠償金が得られないということになるのです。交通事故の賠償金は、弁護士に示談代行を依頼すれば、弁護士基準で得ることが可能です。

ですから、賠償金に関しては、弁護士に示談代行してもらうことが最善です。但し、その場合、別の問題が発生します。弁護士に示談代行をしてもらうとなると、料金が発生してしまうのです。ただ、任意保険の特約には弁護士費用を保険会社が負担する弁護士費用特約という特約があります。ですから、弁護士費用特約を付けておけば、料金の問題はクリアできます。

交通事故が起きてしまった時の対応

交通事故が起きてしまった時、すぐ非を認めてはいけないような事が言われますが、ちゃんとした補償の保険に入っていればあまり関係ありません。なぜなら事故後の賠償問題の対応は、ほぼ保険会社が行うからです。逆に最初の対応を間違ったが為に、事が悪い方向に行くケースもあります。長い人生において、事故に遭うなど滅多に経験しない事ではありますが、まず何をすればいいのかという予備知識は、頭に入れておくとよいでしょう。交通事故の対応についてですが、まず、やらなければならない事は警察を呼ぶ若しくは大怪我がある様ならば救急車を呼ぶ事です。

保険会社への連絡は、それらの後でも大丈夫です。当事者以外に被害がなく小さな事故であれば警察を呼ぶ必要はないかもしれませんが、警察が物損事故や人身事故という事故扱いにしなければ保険は使えないので注意してください。相手には丁寧に対応し、事故の時の状況を出来るだけ把握して、後は専門家に任せる事が大切です。

接触事故の事例

私も過去に交通事故を起こした事があります。交差点を右折した際、横断歩道を歩行していた人に接触してしまいました。幸いな事に相手の怪我は接触後の転倒によるかすり傷程度でした。ちょうどその頃、私は保険代理店の仕事をしていたので適切に対応出来た事と相手も優しい人でしたので人身事故扱いにならなくて済みました。人的被害のない事故でなければ刑事処分及び行政処分上、無事故扱いとなります。無事故扱いならば罰金もなく運転免許の点数にも影響がないので、私は運も良かったです。